朝木二古

  1. HOME
  2. 論文に近い提案書

    質量が負の値をとる可能性を残す事により、時間の矢のパラドックスの解消が可能であることの証明のPDF

    ページトップ